Monthly Archives: 11月 2018

  • -

南台湾サーフィン 佳楽水3~5日目 花ちゃんベッドに侵入

先週からずっと秋晴れの続く南台湾。水温も暖かく、外で冷水シャワーを浴びるだけでも気持ちがいい。

この時期は沖縄と同じように北東の風が吹くものの、オンショアでも十分サーフィンができる。

三日目はサイズも上がり、風もサイドオフに。

4日目5日目は等圧線の間隔が広がり、風が弱まる。

日の出

サイズは少し下がってセットで胸肩

波は厚いのでロングボーダーはガンガン乗りまくり。

アウトで乗ってインサイドまで行くとホレ始める。上級者はここで技を決めてました。

さてWinson Houseの看板娘、花ちゃん

こっそり餌付けしたら、すっかり恋されて三日目の夜にはついにベッドにまで。

赤で囲った部分、濡れているのは、以下のお菓子を一枚あげたためか、花ちゃんがベッドの上で吐いた後のシミ。

彼女はその吐いたものをペロペロ舐めはじめる。

こりゃやり過ぎと思い、花ちゃんに降りるように言うものの頑固な花ちゃん。優しすぎるとなめられるので顔を鬼にして首輪を引っ張りやっと追い出す。しかし、もうここでは寝れない。ノミもいるかもしれないし。

それでオーナーにお願いして別のベッドで寝た。そのお詫びか、ドラゴンフルーツ(中国語:紅龍果)をごちそうになる。

今朝の朝食にも出た。

毎日食べているので、前の記事にも書いたが小便の色が血尿かと思われるほど赤くなっている。しかし紅龍果は栄養いっぱい、旅に出ると必ず便秘になる自分には助かる。

夜にはオーナーに高級白酒もごちそうになった。

町へ出るといろんなものが味わえる食文化の台湾。いろんなものにチャレンジしよう。

しかし、ちょっとグロいのは気が進まなかったので、食べやすいのから。

あんかけ豆腐180円

味噌ネギラーメン 200円

海鮮そば 400円

この海鮮そばは日本風の店で昭和の時代のいろんな看板が。今帰仁の北山食堂みたい。

昨日は佳楽水から約30km離れた牡丹という所にいる台湾人の友人を訪ねる。バスがなく天気も良かったのでチャリで行った。温泉で有名な四重渓谷、そして石門古戰場という歴史のある観光スポットを見て回る。

牡丹というのはなんと、1871年に琉球王国から難船した日本人54人が台湾の先住民に殺されるという事件が生じた場所で、それを理由に日本は台湾を討伐したとか。

そんな暗い過去があるが台湾の方々は日本人にとても親切。台湾人の友人家族と一緒に食事。

佳楽水ビーチはポイントの個所が少なく、人が増えるとなかなか波に乗れない。ほぼ毎日過半数というか7割は日本人のビジターサーファーでいっぱいだった。

ローカルにとっては決して都合の良いことではないはずだが、台湾人サーファーは日本人サーファーに「ピークから向こうに行け」とか言わずに、中には波を譲ってくださる方々もいるくらい心が広い。とはいっても日本人サーファーのマナーが悪くなれば、一触即発であることも否めない。それゆえに日本人には普通以上のローカルレスペクトが求められる。

家族を離れて5日経過、LINEで妻から送られる画像を見ると早く帰りたくなる…

 

 

 

今年一番売れた足漕ぎカヤック

サーフボード

SUP

 

真栄田岬でサーフィンができなくなる?!

真栄田海岸保全利用協議会からの警告

伊計島でサーフィンができなくなる?!

伊計島自治体の広報の記事

 

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

にほんブログ村

Ikei 伊計島のレーダー解析波予測

 


Ikei Surf Report and Forecast

Sunabe 砂辺のレーダー解析波予測

Sunabe Seawall Surf Report and Forecast

Suicide Cliff スーサイドのレーダー解析波予測


Suicide Cliffs Surf Report and Forecast

Maeda Flats 真栄田岬のレーダー解析波予測

Maeda Surf Report and Forecast

 

 


  • -

南台湾サーフィン 佳楽水2日目 花ちゃんに恋される

昨日は佳楽水でのサーフィン一日目、早朝サーフィンは腰サイズで楽しめ、日中は北東の風が強くチョッピー。でも夕方は風が止んで胸サイズのいい波でした。

今朝は昨日とほぼ同じ感じ。

早朝サーフィンは腰腹サイズ、ビーチブレイクのたるい波。ちょうど台風前後の天願ビーチのような感じで、ロングボーダーに好まれる波。

夕方はサイズがアップして胸肩、早朝よりパワーがあった。

ここは千葉のようにほぼ毎日、コンスタントにサーフィンできるようだ。高気圧に覆われていても波はある。

毎日早朝と夕方にサーフィンして、日中は読書。最高の休暇と充電になりそう。

一泊朝食付きで750元(3,000円弱)のWINSON HOUSEでの二日目の朝食

お昼は自転車で移動すること3分の場所にある店で本場のチャーハンを食べる。60元、ほぼ220円でうまかった(Winson Houseで自転車は無料で貸してくれます)。

何かを食べてるとやって来る花ちゃん。

いつものように、何も言わずあごを膝の上に載せてくる。

実は昨晩オーナーに秘密で食べ物を分けたら、かなりホレられ、昼、本を読んでると、食べ物がなくても寄り添ってきて昼寝しに来た。

寄り添ってくるのは昼だけなく夜も。パソコンをいじっているとそばにいた。

花ちゃんに恋されてしまった。

実は彼女、見かけでは老犬なのだが、オーナーに聞いたらまだ4歳でした。人間でいうと、30歳くらい、大変失礼しました。

今晩はあごだけでなく、足も載せてきた。

サンセットサーフィンの後は近くの店でラーメン(150円)とビール(120円)を。

LINEで家族とつながると、なんと彼らも読谷の魁力屋でラーメン食べてた。

 

日中は、ドラゴンフルーツ路上販売していたおばさんから買う。

佳楽水はかなり田舎で近くにスーパーもコンビニもなく、果物も買えないのでビタミンを取るために7個買った、380円。

さっそくビタミンに飢えるように3つ食べたら、小便の色が赤くなってた。

ところで、今日メールが来てました、ピーチから。国際線1990円から。沖縄ー高雄を見たら2980円。

佳楽水の波はビーチブレイクでほとんどホレないので、安全で初心者にも乗りやすいと思います。ほぼ毎日コンスタントにサーフィンできるので、たとえば5日間連続で毎日、朝晩サーフィンすればかなり上達するのでは?上級者にはものたりないかも。沖縄から高雄までは二時間で旅費も安いのでお勧めです。