Category Archives: 今日の沖縄サーフィン波情報 Okinawa Wave Report

  • -

軽石漂流 1,300km離れた福徳岡ノ場から 青の洞窟も被害

かつては毎日更新していたブログ。最近はすっかり一か月から二か月に一回の頻度となってしまいました。

理由は、子供と過ごすゴールデンタイムにブログを更新していたので。

今はおかげさまで子供たちとよく遊ぶので、依然良好な関係を保つことができています。「お父さん、臭いからあっち行って」と言われることもまだなく、ハグしてくれます。

リップスティックにはまっている娘たち ↑↑↑ 残念ながらサーフィンには無関心。

 

さて、緊急事態宣言が解除されて真栄田岬の駐車場も解放されました。観光客も少しずつ増えてきたところで、今度は軽石被害が。

青の洞窟ももろに被害

火事かと思わせる、美しい真栄田の夕日

 

東シナ海側に波が押し寄せるシーズンになってきました。皆さんはいい波を見つけられているでしょうか。秋は太平洋側も結構よかったりします。

伊計島方面の某ポイント 結構ホレホレの頭オーバーの波の脇の安全地帯で波待ちするサーファーたち

この時期よく吹く北東の風だと真栄田岬はオンショアでサーフは厳しく、砂辺がいいですね。読谷もいいですが、真栄田や砂辺に比べて読谷はサイズが結構小さ過ぎたりして。

たまに北風がもたらす頭オーバーのうねりが来て、真栄田はクローズアウトになっても、翌日とか翌々日の風が弱まった日に真栄田でいい波が来ることがあります。

クローズアウトの日

翌日、風が収まったりするとグラッシー。

こんな日にサーフィンできると最高ですが、残念ながら一か月に一回、あるかないかです。もっとコンスタントに波があればなんといいのでしょう。

 

今日はコンテナの搬入日だった。

コロナ渦のアメリカ巣ごもり需要で、中国のファクトリーはフル稼働。残念ながら当ショップに入荷するはずのSUPも生産ラインに入れてもらえず半年待ちで今回は入荷せず、カヤックのみ。

さて、ついに購入しました、軽トラ。

前から欲しかったのですが、やっぱりいいですね。特に4WDのジャンボが最高です。畑の中に入っても、タイヤが埋まることなく問題なく走れるし、荷物もシートの後ろに置ける。

荷台のフレームは自作。これがあるとSUPだけでなくいろんな長尺物のものも運べる。

水タンクとか、ショートボードも置けるのは便利。

後ろの青い鳥居は昨年講習を受けたアーク溶接でDIY。 溶接、面白いっす。

木の部分は2X4で。

これまでいろんな車を乗ってきたが、軽トラ4WDマニュアルは最も面白い車だ。

車と言えば、ロシアはモスクワに住んでいた頃に乗っていた、ボルガ。知る人ぞ知るGaz 21という名称を持つこの車もとても面白かった。

フロントシートは助手席と一体化で、リクライニングするとベッドになった。

1965年車というソ連時代の車。サスペンションとかいろんなジョイント部合計20か所以上に定期的にグリスを充てんしなければいけなかった、特に寒い冬は半日作業。燃費も悪く、数キロ/Lだったのが難。

サーフィンライフとはかけ離れた日々でしたが、今となってはいい思い出となる人生の1ページ。

ところで、恩納村は山田小でヤギを飼うことになりました。当ショップの子ヤギ二匹がまもなく小学校に移転。小屋はもうできたのですが、フェンスがまだです。もし廃材とかでメッシュが余っていたりしていましたら、お声掛けいただけると嬉しいです。詳細は山田小のブログで。

 

 

 

足漕ぎカヤック

サーフボード

SUP

 

真栄田岬でサーフィンができなくなる?!

真栄田海岸保全利用協議会からの警告

伊計島でサーフィンができなくなる?!

伊計島自治体の広報の記事

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

にほんブログ村

Ikei 伊計島のレーダー解析波予測

 


Ikei Surf Report and Forecast

Sunabe 砂辺のレーダー解析波予測

Sunabe Seawall Surf Report and Forecast

Suicide Cliff スーサイドのレーダー解析波予測


Suicide Cliffs Surf Report and Forecast

Maeda Flats 真栄田岬のレーダー解析波予測

Maeda Surf Report and Forecast

 

 


  • -

台風14号のうねり コンテナ屋根づくり

二か月ぶりの更新になりますが、まずは波情報から。

台風14号はゆっくり移動

ちなみに、一か月前には三つの台風が同時発生するという珍しい現象が

東シナ海側、残波岬以南には結構4日、5日前からうねりが届いていたものの真栄田岬に到達したのは3日前でサイズも小さかった。

しかし、今日は一気にドカーンというダブルオーバーに

こういう時はまずマリブをチェックするも、マリブもクローズ気味

北上するとサーフできるポイントに

最近は女性サーファーも多くなってきました、とてもいいことです。

ところがお巡りさんも増えてきました。違法駐車取り締まり

パトカーで巡回パトロール。真栄田岬も最近は切符を切られている方々増えていますので、気を付けましょう。

さて、先月ファイザーを二回打って二週間経過、コロナで約二年行けていなかった千葉へ。那覇を飛び立つといい波がスーサイドに押し寄せているのが見える。

千葉には販売用のボードなどを置くコンテナが二台。そのうちの一つに雨と紫外線防止に屋根を付けた。

ついでにオリンピック会場になった一宮も訪問。30年前とは全く様子が異なり、今はショップの数も多いだけでなく、素敵な家がたくさん建っていた。

不動産屋の話ではオリンピック前からバブルで一宮の土地は急上昇で現在も高止まりとか。

特に”海ちか”物件は人気がある。といっても、ハザードマップを見ると津波で襲われ得る地域なんですけどね。

建設ラッシュが続いてます。ただ土地は北谷と比べればまだまだ安い。海まで徒歩で行ける距離でも坪20万円以下。

この日の波はサイズがいまいち。でも千葉はコンスタントにほぼ毎日、干潮時でもいつでもサーフできる。

宜野座のコンテナにも屋根を作ってます。

ウッドショックで木の値段も上昇。一番安いバタ角を丸中で買う。以前は購入価格が安くても配達してくれたが、今は5万円以上じゃないと配達してくれない。代わりに軽トラを無償貸し出し

バタ角を止めるLアングルを溶接した。しっかり塗装しないとすぐに錆びる。

宜野座の倉庫に接道しているのは里道で、大雨の後は結構大変。ちょうど数年前の宮城島サーフポイントの里道のように、でこぼこが激しくなるので、近所のおじいにいただいた石灰岩を敷くことに

この里道には野生のグアバに実がなっていて、家に持ち帰って子供達に食べさせたら大好評だった。

おかげさまで、MedinaのボードもGromの新ボードも全部完売。