Category Archives: まえだファームについて

  • -

SDGs 陸上生態系の保護 動物触れ合い 沖縄タイムスに掲載される

2030年までに解決すべき重要な問題について、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」として17個の目標(ゴール)を国連が定めた。

恩納村はSDGsの達成に向けた優れた取組を行う都市として選定される。

先日、真栄田でビーチクリーニングやウミガメの保護、赤土流出のボランティア活動をされている方々との集まりに出席させていただき、皆さんが人の見えないところで日々真栄田の自然を守るために活動されていることを知る。

自分がいま実際に何ができるか。

子供たちに陸生動物に触れ合ってもらう。

昨年に続き、わが娘たちが通う山田小に招待されて、動物触れ合いをさせていただいた。

琉球新報にも

山田小のブログ

 

動物触れ合いから、こんな笑顔をたくさんいただけるとは!

昨年の環境学習↓↓↓


  • -

ファームに盛り土

近所の建設現場で掘り起こした赤土が無料でもらえることになり、さっそくリース屋さんで2tダンプとユンボを借りる。

ユンボの配達もお金がかかるが、自分で降ろせれば一般にセルフと呼ばれている配達費用を節約できる。

ただ、この自力で積み降ろしは結構危険であると同時に難しい。下手するとダンプの荷台の側アオリを壊して弁償することになりかねない。自分はYoutubeで勉強して、実際に宜野座の農地で練習した。

 

2トンダンプで14台分くらいの土を敷く。道路に土をこぼさないように気を遣った。

その後、ユンボで平らにする。なんといってもレンタルは一日だけなので、超速攻で作業。

ユンボで土を平らにするのも結構最初は難しい。ただこちらも宜野座の農地で鍛えていたので今回は一時間くらいでできた。

赤土は2トンダンプで配達入れると一杯5千円以上はすると思う。10トンダンプとかで購入しても配達料入れたら数万円はするだろう。

もちろん購入する赤土は石が入ってなくて、網目のフィルターを通る純粋な赤土100%。一方、工事現場でもらえるような土には石とか混じっていることがあるので要注意。