Category Archives: 今日の沖縄サーフィン波情報 Okinawa Wave Report

  • -

南台湾サーフィン 佳楽水一日目

一年前、生まれた初めてバリ島にサーフィンを計画するも、火山の原因でフライトがキャンセル、急きょ、上海からゴールドコーストへ行ったのだが…….

スナッパーロックス

サーフボードの受託手荷物費が数万円も請求されたり、チェックイン時にビザがないことが判明してフライトを乗り損ねてしまい、格安だったのでチケット交換ができず別のフライトを買わされ、おまけに三日遅れで着いたゴールドコーストの波はオンショアジャンクでサーフィンほぼ不可能とトラブリ続きだった。

詳細は、「ゴールドコースト トラブルだらけのサーフトリップI」

今年はそのリベンジで、南台湾へ計画(来年一月にはインドネシアのシメル-島へ)。

沖縄からピーチで格安で行けるようになった隣国は台湾の高雄。キャンペーンだと2千円、3千円であるも、自分は昨年のトラブルの経験もあったので、ピーチバリュー、預け手荷物20kgとフライトの変更、払い戻し手数料無料のチケットを購入し、往復二万円弱を払う。

サーフーボード受託手荷物はやはり意外と高かった、片道約6千円、往復12,600円

情報としてですが、220cmの長さ制限があるのでロングは無理です。自分は6’0を。

サーフボードのソフトケースの中に余分の荷物を詰め込められれば受託手荷物は不要なので、バリューピーチでなく、時々数千円で購入できるハッピーピーチ(受託手荷物なし、手荷物は7Kgまで)でも十分可能。次回はハッピーピーチで、よりハッピーに行けそうだ。

那覇空港を離陸してすぐに下に見えた離島。渡嘉敷村かな、沖縄にはまだまだ未開のサーフポイントがありそうですね。

那覇を発ってから二時間後には高雄へ。那覇より小さいかと思っていたが、とんでもない人口数百万の都市で那覇の10倍。

高雄から高速バス、往復チケットを買うとお得。往復で600台湾元(日本円で2300円)、片道だと400元。揺られること2時間

恒春に着く。

恒春からサーフポイントの佳楽水までバスで20分。

しかし、一日水曜と金曜は4本、週末は6本、月火木は3本しかない。値段は200円ほど。タクシーなら2千円弱。

終点にあるWinson House、サーフポイントまで徒歩数分。

バックパーカー向けの4人部屋、一泊朝食付きで750元(3,000円弱)

食事の度にやって来るオーナーの犬、花ちゃん。何も言わずにあごを膝の上に載せる。

何を言いたいかは分かってるぞ。

オーナーに「食べ物与えてもいい?」

「太り過ぎだからあげないでね」

ということで、何もゲットできずに自分の場所に戻る。

さて、朝一のポイントの様子

小波とは言え、モモコシサイズで十分遊べるコンディション。ひとまず昨年のゴールドコーストのようなNo Surf dayにはならないので一安心。

 


  • -

木こりになる… 台風26号の行方

台風24号で倒れた木

丸のこで切断を試みるも木の直径が大き過ぎで切れず。

ハイシーズンも過ぎ去り、時間もできたのでチェンソーを石川のニッケンリースで借りて切断成功。一日3200円と安かった。

ついでに屋根の上に伸びるフクギも切ることに。

結構切りまくった。フクギの枯葉や実でトタン屋根が汚れていたので。

ガソリンを使い切るべく、裏の敷地のフクギもどんどん切りまくる。

今日は一日、木こりになった。途中から娘も応援に来てくれる。

ニッケンリースにチェンソーを返した後は、石川のマックで娘に報酬を。

さて波情報です、週末台風26号を期待して天願に行ったものの、イマイチ。日曜と月曜日がグッドウェーブだった砂辺も昨日今日はサイズもかなり下がる。真栄田岬はずっと連日北東の風で、オンショア・チョッピー・ジャンク。

明日くらいから太平洋側もサイズが落ち着き、スーサイドのクローズアウトも収まりサーフィンできるかも。伊計島はオンショアジャンクと予想。

台風26号は今年のもっとも長生き台風になり、週末はもしかして東シナ海側にうねりをもたらすかも。