シメルー島サーフトリップ4th & 5th Day サーフポイントPeakの紹介

  • -

シメルー島サーフトリップ4th & 5th Day サーフポイントPeakの紹介

Pocket

シメルー島に着いて4日目。毎日、朝昼と二回ずつサーフィンをして徐々にパワーのある波に慣れてきた。今のところ、毎日頭サイズの波に恵まれている。

以下

以下の動画はThe Peakというサーフポイントの目の前にあるAura Surf Resortの動画で、最初のドローンの画面はTea Bagsというボートで行くところ。

最後に出てくる陸からの撮影画面がThe Peak、二日目からずっと来ているポイント。この動画の通りの波が毎日ある。動画の最初から出てくるチューブライドの白いTシャツサーファーはメキシコ生まれ、ハワイ育ちのJimmy. Auraでサーフガイドをしている。

とても腰の低い立派な人格の持ち主で、彼は別に私のサーフガイドでもないのに、波が来ると譲ってくれる。以下の画像の方はメンタワイでボートトリップを行う会社のオーナー、Guy. サーフフォトグラファーでAuraに来ていた。

彼もサーフィンはめちゃくちゃうまく、いつも笑顔で挨拶してくれる。いい波が来てもでかいのでビビッて乗るか乗らまいか迷っていると「Go Go!」と励ましてくれる。

今朝もグラッシーで、JimとGuy、そしてサーフガイドのTomと一緒にサーフィン。

波待ちしている間も、ゆったりみんなで会話。

こうした恵まれた環境のおかげでThe Peakの波にも、そして今回初乗りのボードにも慣れてきた。

慣れてきたところで、なんちゃってGoProをつけて自撮り。

しかし、ハウジングのボタンから水がリークしていることが判明。ハウジング内に水滴が生じてレンズも曇る。今回の旅ではもう使えない…..

 

Moon Beachの食事は毎日ご馳走。髭のおじさんは支配人のNick.

黄色いのはココナッツミルクのソースで、以下のひき肉ソースと一緒に焼き鳥にかけて食べる。

Nickのセクレタリ、Riska. 去年大学を卒業して新卒でここに就職。

空港で迎えに来てくれたPolly. 彼はここでの便利屋さん、どんな仕事でもする。

そして台湾のサーフリゾートの花ちゃんを思い出させるBenny。

Bennyも私の部屋に入ろうとするも、台湾の花ちゃん事件(ベッドの上で吐いた)からの教訓を生かして、顔鬼にして部屋には入れなかった。

夜は毎晩、娘たちとLineで顔ごっこ

毎日、食事、波、そして笑顔で挨拶してくれる人たちに恵まれて生活。かなり充電されます。

明日はThe Peakでなく、別のポイントに案内してくれるとか….