シメルー島サーフトリップ1st Day

  • -

シメルー島サーフトリップ1st Day

Pocket

先週の月曜日にコンテナが搬入してからというものの、カヤック引き渡しで忙しく….

続々と来てくださる。

SUPご注文の石垣のお客様のためには那覇港へ妻と二台で。

自分でデザインしたスレーターデザインCymaticの板、沖縄で試すひまもなく、シメルー島サーフトリップの準備の日が来てしまった。もうええわ、シメルーで初乗りやでぇ。

昨日、デッキパッドを貼る。まずはテールから。

自分は格好は気にせず、ワックスが好きでないので、デッキ部にもガンガン貼りまくる。

デッキパッドを貼っている間、娘たちはカートで遊ぶ。

今朝9:00那覇発のJetstarで、お昼過ぎにシンガポールに着く、国際空港トランジットでシンガポールには入国せず、そのままメダンに。

時期を選べば意外と安い、Jetstar 那覇⇔シンガポール⇔メダンのチケット。燃油サーチャージ、機内食、受託荷物20kg1個、そしてボードチャージも全部入れて往復6万円でおつりが来た。

シンガポール付近ではこんな風景も。珊瑚棚に建てられたコテージ。台風とか高潮の時は問題ないのだろうか。

メダン空港に到着して驚いたのは、サーファーはだれもいない。その気配すら。ボードを持っていたのは自分だけ。

今回は初トリップなので、メダンからシメルー島のチケット、シメルー島の10日のホテル、サーフガイド、食事、送迎はすべて旅行会社経由で手配。

空港では本当にドライバーが待っててくれるのか不安だったが、問題なし。無事ホテルまで送ってくれた。

ホテルのスタッフもとても親切で、チップなどはまったく期待せず、荷物を置いたらすぐに笑顔で去っていった。

予約されていた部屋はコテージ、素敵なお庭に囲まれている。

中もきれいで、なんと346,000ルピア(日本円で3千円弱)。恐らく、家族4人で子供たちと添寝で泊っても同じ値段だろう。

空港間との無料送迎シャトルバスもあるので、次回自分で手配するときはこのホテルを利用しよう。忘れないために、ホテルのURLアドレスもメモ。 https://web.thongsinn.com/

夕食は生ビールとアボカドのスムージー、そしてチャーハンと肉の料理を頼んで150,000RP, 日本円で1200円程度。

シンガポールの空港も、メダンの空港も、そしてホテルも無料Wifiが充実。ホテルでは、娘たちともLineで顔ごっこ。便利な時代になりました(昨年の上海では中国政府規制によりGmailが一切使えず苦労しましたが…)。

明日も旅行会社が手配したドライバーが朝、ホテルにピックアップしに来てくれて、メダン空港へ。そこからLion Airという飛行機でシメルー島へ行く。

つづく….