カヤックカート ドーリー(差込み式)

スカパーホールに挿し込むタイプのものは安定性に優れている。

以下のタイプは、スカパーホールに挿すL字の棒の幅を固定するのに苦労します。カヤックは重いので、幅を調整してもすぐにずれたりして、このタイプはあまりお勧めできません。

以下のタイプは挿し込み式でなく、そのままカヤックを載せるのですが、バランスを取るのが難しかったり、ストラップで留める必要があり、面倒。

当店販売のタイプは、非常に簡単、シンプルな作りのもの。

組み立ても簡単。タイヤはチューブレスでパンクしないタイプ。幅は自由に調整可能。

使い方も至って簡単。二つのスカパープラグの幅に合わせて挿すだけ。

アルミ製で軽量、カヤックに載せても平気。

カヤックの中心に一番近いスカパーホールに挿すのがコツ、カヤックの重さが前後に分散して、運ぶ時に軽くなる。

シーソーのように、ドーリーがほぼ中心にあるのが理想。

下のは悪い例。

 

価格 7,500円(税込みで8,100円)

ドーリーDIY 自作の記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です